1. ホーム
  2. バセドウ病の症状
  3. 眼球突出

バセドウ病の症状 - 眼球突出

バセドウ病を少し知っている人にどんな病気か尋ねてみると、
「目が飛び出してしまう病気」と答える人が少なくありません。

たしかに、眼球突出はバセドウ病の三大特徴のひとつであり、
非常に目立ってインパクトの強い症状だと思います。

ただし、実際に眼球突出が起こるのは、バセドウ病患者の3割未満です。

目が少しだけ前に浮き出た状態になる

バセドウ病によって目に異常が出る症状を「バセドウ眼症」と呼びます。
症状は両目に出る場合もあれば、片目だけに出る場合もあります。

また、日本人よりも欧米人のほうが目が浮き出やすい傾向があるようです。

もちろん目が丸ごと飛び出してくるような症状が起こるわけではなく、
普通の人よりも若干目が前に浮き出たようになる程度ですが、
それでもかなり目立った症状になるため、
眼球突出が起こると、非常に不安になる人がほとんどです。

バセドウ病と言えば「目が飛び出る病気」というイメージが強いようですが、
実際にこのような症状が出るのは、バセドウ病患者の20~30%程度です。

なぜ眼球突出が起こるのか

バセドウ病にかかると、目が前に出てくるのはなぜでしょうか。

それは、外眼筋 (目の周りにある筋肉) や眼窩脂肪 (目の後ろにある脂肪) が、
バセドウ病によって炎症を起こし、腫れてしまうからです。
すると、外眼筋や眼窩脂肪が徐々に肥大化し、体積が増加していくため、
眼球を前に押し出してしまうのです。

バセドウ病がなぜ外眼筋や眼窩脂肪の炎症を引き起こすのかは、
現在も原因不明です。

今のところ、バセドウ病によって発生した自己抗体が、甲状腺だけでなく、
外眼筋や眼窩脂肪のTSH受容体も刺激して起こるのではないかと考えられています。

眼球突出は甲状腺機能の亢進そのものが原因で起こる症状ではないため、
目の飛び出し具合とバセドウ病の進行度はまったく関係がありません。

したがって、目がかなり前に出ているからと言って、
「重度のバセドウ病だ」と心配する必要はありません。

その他の目の症状

バセドウ病になると、眼球突出以外にも目の症状が表れることがあります。

外眼筋や眼窩脂肪の肥大化によって起こる症状

外眼筋や眼窩脂肪の腫れが進むと、目の周囲が圧迫されるため、
次のような症状も起こります。

  • 血流が悪くなることによる結膜の鬱血状態
  • 視神経が圧迫されることによる視力障害
  • 眼球の動きが悪くなることによる複視 (物が二重に見える)
  • まぶたが腫れる、閉じにくくなる
  • 涙腺の炎症によって涙が出にくくなる

特に視神経の圧迫は、時に失明に至る危険もあるため、
バセドウ病で視力の異常に気づいたら、早急に眼科に行って治療を受けるべきです。

甲状腺ホルモンの過剰分泌で起こる目の症状

外眼筋や眼窩脂肪が関わらない目の症状として、眼瞼後退があります。
これは、過剰な甲状腺ホルモンが平滑筋を刺激することにより、
まぶたの筋肉が緊張して、上まぶたがつり上がってしまう症状です。
すると、目がずっと見開いた状態になって白目の部分が広く見えるようになるため、
結果的に眼球突出と同じように目が出ているように見えてしまうのです。