1. ホーム
  2. 手術治療
  3. 手術治療

手術治療

バセドウ病治療法の最後の選択肢は手術です。
「最後の」としたのは、単に表記上の順番という意味ではなく、
臓器そのものを切除してしまう療法は最終手段と考えたいからです。

薬物による長期の治療は精神的に辛い、
アイソトープ治療も事情があって受けられない、
今すぐにもバセドウ病の症状から解放されたいという場合に手術を検討しましょう。

バセドウ病の手術とは?

バセドウ病の手術療法では、基本的に甲状腺をすべて切除してしまい、
甲状腺ホルモンそのものが分泌されないようにする治療です。
かなり極端で、私もおすすめできない治療法ですが、
薬物やアイソトープ治療と異なり、即座にバセドウ病を完治させることができます。

手術の種類

バセドウ病の手術には、甲状腺を一部切除する「亜全摘術」と、
すべてを切除する「全摘術」があります。
手術療法を選択する場合は、それぞれの手術の特徴をよく理解し、
医師とよく相談した上で、慎重に決めて下さい。

手術による合併症

手術で傷跡などとともに心配になるのが合併症だと思います。

バセドウ病の手術では、甲状腺の位置の都合上、首の下部を切開します。
そのため、手術そのものに命の危険を感じるかもしれませんが、
甲状腺は体内の比較的浅いところにあるので、
安全に手術可能、重大な合併症もほとんど起こりません。

手術の流れ

手術前後の日々の流れを紹介します。
バセドウ病の手術には全摘術と亜全摘術がありますが、
手術に際しての基本的な流れは同じです。