1. ホーム
  2. 薬物治療
  3. 薬物治療

薬物治療

バセドウ病の治療法の第一選択肢が薬物治療です。
ある程度の期間をかけて薬を飲んでいき、
徐々に甲状腺ホルモンの過剰分泌を抑えていくという治療法です。

戦後間もない時期は、バセドウ病の治療といえば手術が圧倒的主流でしたが、
現在は逆転し、8割以上の患者さんが薬物治療を選択しています。

薬による治療は、一般的に負担が少なく、簡単にできるイメージがありますが、
治療が長期間にわたるため、また副作用も起こるため、
治療を継続するには、強い意志が必要なのも事実です。

「みんなが選んでいるから」と安易に薬物治療を選ぶのではなく、
本当に自分に適しているどうかをよく考えた上で選んで下さい。

薬物治療の特徴

薬物治療はバセドウ病の治療法の中で最もポピュラーな方法であり、
多くの人が選択します。
その理由は、一言で言えば、どんな人にも適用できるからです。

薬の飲み方と注意点

バセドウ病の薬物治療は、比較的長期にわたって薬を飲み続ける治療です。
手術のような肉体的・精神的負担の多い治療法とは違い、
たまに通院しながら自宅で薬を飲むだけの簡易な治療ですが、
その期間が長いのが大変なところです。
ここでは薬物治療を断念せずに続けるための飲み方を紹介します。

副作用への対処法

薬物治療の最大の難点は副作用です。
特にバセドウ病の場合、最低でも2年くらいは薬を飲み続ける必要があるため、
副作用についてもよく知っておかなければなりません。