1. ホーム
  2. 治療中の日常生活
  3. 妊娠・出産は大丈夫?

妊娠・出産は大丈夫?

バセドウ病は20代、30代の女性に多い病気ということもあり、
また、月経異常などの症状が起こることもあって、
妊娠や出産への悪影響を懸念する人も多いと思います。

結論から言えば、たとえバセドウ病でも、
甲状腺ホルモンの分泌が正常になっていれば、
妊娠や出産は問題なくできます。

バセドウ病が直接影響することはない

よく言われるのが、次の2つのことです。

  • バセドウ病にかかっていると妊娠できない
  • 妊娠するとバセドウ病が悪化する

これらはともに誤解であり、バセドウ病という理由だけで妊娠できないことはなく、
妊娠することによって病気が悪化することもありません。

バセドウ病でも適切な治療を受けて健康を保っていれば、
健全に出産できますので、その点は心配はいりません。

甲状腺機能亢進による流産に注意

では、バセドウ病が妊娠にまったく影響しないかというと、そうではありません。
甲状腺ホルモンが過剰に分泌されていると、体力を消耗しやすくなるため、
流産の危険性が高くなると言われています

よって、バセドウ病にかかっているとき、
特に甲状腺機能が亢進しているときに妊娠してしまった場合は、
薬物治療などを受けて、ただちに甲状腺ホルモンの分泌を抑えましょう。

甲状腺の機能が正常になり、流産・早産さえ防げれば、
出産において大きな心配はなくなります。

妊娠中の治療はどうするか

まず、妊娠中・授乳中はアイソトープ治療を受けることはできません。
これは子どもにも放射線ヨードを吸収させてしまうからです。

バセドウ病を発症した時に妊娠中、または数年以内に妊娠する可能性がある場合は、
治療は薬物か手術になります。
通常は薬物治療でよいでしょうが、出産までの期間を考慮して、
医師と相談して決めるのがよいでしょう。

薬は胎児に悪影響を与えるの?

妊娠中は誰しも食べ物や飲み物に慎重になりますので、
薬を飲む場合はなおさらだと思います。

ただ、バセドウ病の薬は胎児に悪影響を与えることはありません

それどころか、胎児の甲状腺機能亢進も防いでくれます。
母親がバセドウ病によってTSH受容体を刺激する抗体を持っていると、
それが胎児にも伝わり、胎児も甲状腺機能が亢進してしまうことがあるのです。
バセドウ病の薬を飲んでいれば、胎盤から胎児にも薬が送られるため、
胎児のバセドウ病も防ぐことになります。

安心して薬を飲み、正常な出産を目指しましょう。