1. ホーム
  2. バセドウ病の基礎知識
  3. バセドウ病は完治するのか

バセドウ病は完治するのか

バセドウ病は一般的に「治りにくい病気」として知られています。

治療法には薬物療法・アイソトープ療法・手術療法の3種類がありますが、
最も選ばれるのが薬物療法で、
これは平均2年以上に渡って抗甲状腺薬を飲み続ける必要があります。

多くの人は「本当に完治するのか」と不安に思うはずです。
ここではバセドウ病を治療する過程において、大切な考え方を述べたいと思います。

確立された治療法がある

バセドウ病の根本的な原因は、残念ながら解明されていません。
本当に完治させようと思ったら、自己免疫疾患が起こる原因も突き止めて、
それを取り除かなければなりませんが、原因が分からない限り、それはできません。

しかし、一方でバセドウ病の治療法は確立されています。
根本原因は分からなくても、
症状を改善して通常の生活に戻るための治療は可能です。
その治療法には次の3種類があります。

  • 薬物治療
  • アイソトープ治療
  • 手術療法

これらはいずれも対症療法であり、自己免疫疾患を治すのではなく、
甲状腺ホルモンの過剰な分泌を抑える (薬物療法、アイソトープ療法) 、
または甲状腺そのものを取り去ってしまう (手術療法) という方法です。

数値よりも現在の自分の体調を見る

特に薬物療法を受ける場合、抗甲状腺薬を服用して、
定期的に甲状腺ホルモンの濃度を検査することになります。

ここでの数値が高いと、「まだまだ完治までは遠いな……」と不安になりがちです。

ただバセドウ病の治療で大切なことは、
そのような数値よりも、心身ともに少しでも正常な状態になっているかどうかです。
以前よりも症状が落ち着いてきたのであれば、
検査上の数値に一喜一憂する必要はありません

また、検査の結果にストレスを感じていると、
それが原因でまた甲状腺ホルモン濃度が上がってしまうこともあります。

バセドウ病の進行には、ストレスも大きく関係していると言われます。
「何が何でも治さなければ!」という過度の気構えを持つと、
プレッシャーになって病気を治りにくくしてしまうこともあります。

信頼できる医師の指導のもとで、できる限りの治療に取り組んでいるのならば、
「あとは体と薬の働きに任せておこう」という気持ちがちょうどよいでしょう。

「完治」という言葉にこだわらない

自分が病気になると、「どうしても完治させたい」という気持ちが起こるものです。
しかし、不治の病 (バセドウ病は違いますが) というものも現実にはあります。
不治でなくても、長い間付き合っていかなければならない病気もあります。

そこで考えてみたいのは、そもそも「完治」させる必要があるのかということです。

たとえ一生治らなかったとしても、
それによって人生の充実度が大きく損なわれなければ、
実質的に病気ではありません。

バセドウ病患者の中には、10年以上も薬を飲み続けている人もいます。
でも、薬を飲むことによって健康な状態を保てているのであれば、
その人の生活の質には何ら影響はありません。
そうなれば、「薬を毎日飲む」という条件付きではありますが、
完治したのと同じでしょう。

無理な完治を目指すよりも、生活の質を上げることを目標としたほうが、
「実質的な完治」になりやすいのです。